役員視察研修に参りました。

10月12日(金)、13日(土)の両日、安芸津町商工会役員と事務局職員で三重県の「みえ熊野古道商工会」に視察研修に参りました。

「みえ熊野古道商工会」は4年前に旧紀北町商工会と旧紀伊長島商工会が飛び地合併してできた商工会ですが特産品開発、地域ブランド構築など継続して事業に取り組んでおられる商工会です。

昨今は6次産業化にも取り組み、マダムシンコとのコラボレーション企画やUSTREAMで情報発信したり、

平成29年度には紀勢自動車道地域振興施設「始神(はじかみ)テラス」を設置するなどその継続した事業運営には目を見張るものがあります。そのバイタリティはどこから来るのか。

それは地域の商工業者のためを思い続ける気持ちから来ていると感じました。感じ取ったもの、学んだことを活かしていくよう前進あるのみです。

ちなみに「みえ熊野古道商工会」の専務理事西村さんは元全国商工会職員協議会の会長さんでありました。何年振りかの再会でした。

13日には参加者が伊勢神宮にお参り。幹部は内宮での特別参拝で「安芸津町の復興と発展、安芸津町の商工業振興を祈念してまいりました。」